【100均DIY】秋のオシャレアイテムをレジン液で!べっこう柄レジンDIY


楽しいレジンクラフト

きらっと輝き、透明感のあるレジン。レジンは紫外線硬化樹脂のことで、太陽光やUVライトを使って硬化します。硬化後はガラスのような仕上がりで、アクセサリー作りにぴったりです。100均でもレジン液やモールドなどの材料が買えるようになり、身近なクラフトになっています。

レジン液3色で作る べっこうレジン

レジンクラフトには色々ありますが、今回はヘアゴムを作ってみました。レジン用ヘアゴムパーツも100均で購入できるので、材料に困ることなく取りかかれます。

【材料】
・カラーUVレジン液ハードタイプ4g(カラー:チョコレート)・・・100均
・カラーUVレジン液ハードタイプ4g(カラー:ハチミツ)・・・100均
・カラーUVレジン液ハードタイプ4g(カラー:メープル)・・・100均
・ポニー皿付ヘアゴム2P・・・100均
・シリコン型(星型)・・・100均
・UVレジン液(透明)・・・家にあるもの
・竹串など
・UVライトor自然光

100均で見つけた3つのレジン液。べっこう柄を作るには、茶色・黄色・オレンジ系のカラーが必要で、チョコレート・ハチミツ・メープル、この3色を使おうと思います。内容量は約4グラムでこれは1回で使いきる量です。尚、以前100均のパステルを削りべっこうの色を再現したことがありますが、非常に着色・調色に苦労しました。なので、着色・調色の手間がないカラーUVレジン液は便利アイテムといえます。

上からチョコレート・メープル・ハチミツ。さらっとした質感で、各色それぞれにはっきりと着色されています。

作り方

シリコンモールドにメープルカラーのUVレジン液を入れます。隅々にまで行き渡るよう、竹串などで整えます。

次にハチミツカラーをところどころに注ぎます。気泡が出やすいので、エンボスヒーターで気泡を飛ばすか、竹串で取り除いてください。

チョコレートカラーを所々に入れます。

あとは竹串を使って、チョコレートカラーのレジン液をくるくると混ぜて模様を作っていきます。

UVライトか自然光でレジン液を硬化させます。硬化後、透明なレジン液を表面に塗り、再度硬化。ぷっくり感を出して完成です。

100均レジン液の使用感 メリット&デメリット

〈メリット〉
・手っ取り早く材料が手に入る
・着色剤なしでもカラーレジンを楽しめる
〈デメリット〉
・硬化しにくい
・ぷっくり感は出せない

まず、メリットですが、100均ですので簡単に安価に手に入ります。また、色を付ける際は通常、透明のレジン液に着色剤を入れます。したがって、手間なく気軽に始められるのがメリットと言えます。
次に、デメリットです。まず、硬化しにくい印象を受けました。また、硬化後時間が経つと黄色に変色してしまいます。ですので、透明な作品を作る際は気を付けてください。他にもレジンクラフトではぷっくり感を出すことが多いのですが、液が思いのほか膨張しモールドから漏れてしまい、ぷっくり感はあまり出すことができませんでした。

100均のレジン液は手軽に手に入り、初心者にも挑戦しやすいことから、人気がある商品です。ですがデメリットもありますので、本格的なレジンDIYに挑戦する前にまず気軽に始めてみるのには100均アイテムが良さそうです。
今回使用したレジン液は、べっこう柄を再現できる便利なアイテム。大人っぽいアクセサリー作りにぜひチャレンジしてみてくださいね!

カテゴリー:
関連タグ:

このコラムの執筆者


monocla運営局

monocla運営局

monocla運営局です。リノベーションに関するお役立ち情報をお届けします。

人気コラム