【壁紙DIY】子供部屋リメイク!ウォールステッカーで壁紙プチDIY


子供部屋をイメチェンしたい

子供がある程度の年齢にさしかかると、子供部屋を用意する家庭が多いと思います。年齢によっては「こんな風にしたい」というお子さんもいるでしょう。特に女の子は雑誌やテレビなどから情報を取り入れてきます。もし子供に言われたらどうしてあげたら良いのか悩んでしまいますよね。
そんなときに便利なアイテムが、リメイクシートやウォールステッカーです。これを使えば簡単に壁紙をリメイクできます。壁紙を変えると部屋のイメージが一気に変貌するので、部屋のイメチェンには壁紙リメイクが適しています。

リメイクシートは賃貸でもOK?

以前、子供部屋の壁紙をリメイクシートでリメイクしましたが、粘着力が弱く1週間で剥がれてしまいました。原因としては、壁の表面に埃や汚れ。作業前は念入りに壁を拭き取っておきましょう。伸縮式ワイパーで拭くと高さがある隅々まで掃除ができるのでおすすめです。

さて、賃貸の場合は上記のように勝手にするりと剥がれ落ちてくれれば良いですが、壁の素材によってはしっかりと吸着して剥がせないこともあります。漆喰のような凹凸がある壁はリメイクシートと壁の間に隙間ができるため、剥がしやすいですが、凹凸のない壁面に貼ると、剥がすときにシール部分が壁に残ってしまいます。

リメイクシートの剥がし方

リメイクシートを剥がすときは、まず表面のフィルム(柄)を剥がします。粘着部分も剥がしてしまうと、壁の表面までも一緒に剥がしてしまうことがあるので気をつけてください。残った粘着部分に“シール剥がしスプレー”か“専用剥がし液”を湿布します。専用剥がし液は、通販ショップなどで購入可能です。湿布したら数分~10分程度時間を置き、剥がします(置き時間は商品に因ります)。
賃貸の方は、原状回復のためにも、専用剥がし液を購入しておくほうがベターでしょう。

ウォールステッカーで簡単リメイク!

子ども部屋をもう少しかわいくしたいという要望があったので、今回は向かって左側の壁に花と蝶のウォールステッカーを購入し、プチリメイクをしていきたいと思います。

便利なウォールステッカー

使ったウォールステッカーはこちら。2枚組セットでした。柄がA1~D1まで4等分されています。

見本完成図はこのような柄になる予定です。余白に貼っておけば完成形を確認しながら作業できます。
我が家の壁はこのように凹凸のある壁なので、ウォールステッカーもリメイクシートも剥がれやすく、1年以内であれば原状回復は可能です。

ウォールステッカーは、リメイクシートよりも粘着性が弱いもので、剥がせる透明シールに柄がプリントされています。

今回使用したウォールステッカーのサイズは92cm×237cmでかなり幅広のもの。貼る範囲が広く、柄が細かい場合は大人二人で作業することをおすすめします。

ウォールステッカーでプチリメイク開始

A1の柄を左から貼っていきます。

A1からC1まで貼り終えたところですが、思っていたより大変な作業でした。細かい柄のものを、高さがある場所に貼るのは至難の業です。ウォールステッカーを選ぶ際は、模様が細かくないものを選ぶと貼りやすいですよ。

メインを貼り終えたら、あとは花と蝶を好きな場所に貼るだけ。ここからは子供と一緒に楽しんで貼れました。

手軽にリメイクしよう

シール感覚で家中に貼れるウォールステッカーは重宝します。その点リメイクシートは、幅も高さもあるので扱いにくさはあります。
ステッカーを貼ることにより、華やかで優しい雰囲気の部屋になりました。ウォールステッカーは、リメイクシートほどハードルは高くないので、初心者の方も挑戦しやすいプチDIYアイテムです。ぜひ、手軽に壁紙リメイクを楽しんでみてください。

カテゴリー:
関連タグ:

このコラムの執筆者


monocla運営局

monocla運営局

monocla運営局です。リノベーションに関するお役立ち情報をお届けします。

人気コラム