リビングの壁面収納ですっきりとしてスタイリッシュな空間づくり


壁面収納は文字どおり壁面のスペースを有効活用した収納で、なおかつお部屋の雰囲気を好みに演出できるインテリアでもあります。今回は壁面収納を作るメリットや、設置する際のリフォームにかかる費用について解説します。

壁面収納は文字どおり壁面のスペースを有効活用した収納で、なおかつお部屋の雰囲気を好みに演出できるインテリアでもあります。

リビングやキッチン、廊下などの収納スペースが足りないと感じたら、「壁面収納」を検討してみてはいかがでしょうか?

今回は壁面収納を作るメリットや、設置する際のリフォームにかかる費用について解説します。

壁面収納とは

壁面収納とは、リビングやキッチンなど収納スペースが限られる場所の壁面に、戸棚などを設けて収納空間を確保するものです。

壁そのものに収納機能を持たせるため、家具を置いて空間を遮ることがありません。また、アイデア次第で「見せる収納」にも「完全に隠す収納」にもできるため、部屋の中を好みの雰囲気に演出することができます。

とくに内装のレイアウトの変更を視野に入れたリフォームをする場合には、壁面収納もひとつの検討材料となるでしょう。

壁面収納のメリット

壁面収納を作ることで、以下のようなメリットが得られます。

壁面のスペースを有効活用できる

家族が集まるリビングや、さまざまな家電製品を置くキッチンは、収納スペースが限られてしまいます。

しかし、棚やシェルフなど収納家具を置くと空間が狭くなってしまったり、部屋の統一感が損なわれたりといったデメリットもあります。

壁面収納は、新たに収納家具を置くことなく、壁から天井のスペースを有効活用してモノを収納することができます。

内装のリフォームと並行して壁面収納を設置すれば、部屋の高さや横幅にきっちりと合わせた収納になるため、見た目もスッキリとします。

また、収納扉のデザインをフローリングや壁紙と合わせれば、トータルコーディネートも可能です。

掃除が楽になる

部屋にモノが増えてくると、さまざまな収納家具を置いたり、床に直置きしたりして、床の面積が狭くなりがちです。

ごちゃごちゃした部屋は掃除がしにくく、掃除のたびに家具を移動したりしてストレスを感じ、けっきょく散らかしっぱなしになってしまうことも。

壁面収納であれば床面がスッキリとするので、掃除がしやすくなります。

スポンサードサーチ

収納でお部屋をおしゃれに演出できる

壁面収納の第一の機能は収納ですが、部屋の雰囲気に合ったデザインも兼ね備えた家具でもあります。インテリアの一つとして、アイデア次第でお部屋の雰囲気をおしゃれに演出できるでしょう。

たとえば、ナチュラル系の家具で揃えた部屋であれば、壁面収納に観葉植物を置いてリラックス効果を高めることもできますし、花瓶や陶器などを置いてシックな雰囲気の部屋にすることもできます。

このように、壁面収納は部屋の景観を損ねることはなく、収納とインテリアの両方のニーズを満たしてくれるでしょう。

壁面収納リフォームの費用の相場

造作収納の取り付け25万円~50万円
オーダーメイド収納の取り付け50万円~100万円

リビングの壁面にラックや本棚などの造作収納を取り付ける簡単なリフォームであれば、25万円~50万円が相場となります。

よくあるリフォーム事例としては、テレビを中心に壁一面を収納スペースとするケースです。この場合は取り付ける家具が大型になるほか、リビングの他の家具やテレビとの相性を考えてオーダーメイドになることが多いため、費用が50万円~100万円とやや高額になる可能性があります。

まとめ

壁面収納のメリットや、取り付けのリフォームにかかる費用について解説しました。

収納スペースの確保はライフスタイルにも大きな影響を与えるため、利便性や安全性を考慮して設置場所を決めるようにしましょう。

壁面収納のリフォーム実績が豊富な施工業者に相談するときは、なるべく複数社に見積もり依頼して比較検討することをおすすめします。

リノベーション・リフォームでお困りの方は
monoclaをぜひご利用ください!

monoclaは、無料でプロを指名して、相談・資料請求・見積り・施工依頼ができるサービスです。いいね!や施工完了のお祝いポイントをギフト券に交換! ポイントを貯めながらリノベーション・リフォームのプロを見つけましょう。

カテゴリー:
関連タグ: