薪ストーブのある家づくり!設置前の確認ポイントや導入費用を解説


薪ストーブはエアコンやファンヒーターよりも暖房効果が高く、薪が燃える様子を見つめることで癒やし効果もあるとされています。今回は薪ストーブのある家づくりのために、薪ストーブの種類や設置前に確認したいポイント、導入にかかる費用を解説します。

薪ストーブはエアコンやファンヒーターよりも暖房効果が高く、薪が燃える様子を見つめることで癒やし効果もあるとされています。

今回は薪ストーブのある家づくりのために、薪ストーブの種類や設置前に確認したいポイント、導入にかかる費用を解説します。

薪ストーブの種類

薪ストーブには、大きく分けて「対流式」「輻射式」「開放型」の3種類があります。

対流式

対流式の薪ストーブは、本体底面の冷たい空気を本体背面で暖め、本体前面から放出することで部屋を直接暖める方式です。

側面の対流層で直接ストーブ側面の壁に熱が伝わらないため、部屋のコーナーの壁に近づけて設置しやすいというメリットがあります。

輻射式

現在もっとも流通している薪ストーブの方式が輻射式です。薪を燃焼することでストーブ本体を暖め、ストーブの周辺の空気を暖めて部屋を暖めます。

熱効率が高く、ストーブ全体が温まるまでの時間が早いというメリットがあります。ただし、ストーブ自体が高音になるため、特にお子さんのいるご家庭ではフェンスでストーブを囲うなどの工夫が必要です。

スポンサードサーチ

開放型

開放型はストーブの燃焼部分の扉とガラス窓がついておらず、暖炉のような形状をしています。

薪の燃焼部分を直接見ることができますが、一般住宅向きの構造ではないため、店舗などインテリアとしてデザインを最優先する場所に選ばれやすいです。

薪ストーブを設置する前に確認したいポイント

薪ストーブを設置する場合、煙突やストーブの周囲の耐火・耐熱工事を行う必要があります。

施工後にストーブの位置を変更する際には、再度工事が必要となるため、設計の段階から設置する位置を十分に吟味しましょう。

さらに、薪ストーブで使用する薪は平均で年間5,400kg程度とされているため、薪の確保と保管場所についても検討する必要があります。

薪ストーブを家に導入する費用の相場

薪ストーブの本体価格は5万円未満のものからあり、平均的な価格は25万円~50万円です。さらに、煙突の設置や施工費用に70万円~80万円がかかります。

本体価格+施工費用として、総額100万円~130万円を見積もっておきましょう。

まとめ

薪ストーブの設置は何より安全であることが最優先です。火災など事故を防止して安全に使用するためにも、薪ストーブの設置の実績が豊富な施工業者に相談されることをおすすめします。

薪ストーブに詳しい施工業者であれば、薪を安価で手に入れる方法なども教えてくれるでしょう。

リノベーション・リフォームでお困りの方は
monoclaをぜひご利用ください!

monoclaは、無料でプロを指名して、相談・資料請求・見積り・施工依頼ができるサービスです。いいね!や施工完了のお祝いポイントをギフト券に交換! ポイントを貯めながらリノベーション・リフォームのプロを見つけましょう。

カテゴリー:
関連タグ: