引き戸のリフォームの費用相場は?室内or玄関に設置する場合で解説


家の出入り口の限られたスペースを有効活用するなら、引き戸がおすすめです。

では、既存の開き戸を引き戸にリフォームする場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

今回は室内と玄関の2ヶ所について、費用相場と費用が変動するポイントを解説します。

引き戸の種類

「引き戸」には以下の4種類があります。

それぞれの特徴とリフォームの費用相場をまとめると、以下のとおりです。

種類特徴費用(本体価格)
片引き戸1枚の戸を壁に沿って滑らせて開閉する14~42万円(うち本体5~33万円)
引き込み戸壁の内部の戸袋に戸を引き込んで収納する7.5~32.5万円(うち本体16~42万円)
引き違い戸2~4枚の戸が左右に動いて開閉する18~30万円(うち本体8.5~21万円)
両引き戸2枚の戸をスライドさせて左右両方の壁に引き分ける19~47万円(うち本体10~38万円)

片引き戸や引き込み戸は、戸が1枚あれば施工でき、引き違い戸や両引き戸は、最低2枚の戸が必要で、リフォーム費用は比較的高めに設定されています。

さらに、戸にガラスが付く場合は、引き戸本体の費用が2~5万円ほど高くなります。

引き戸へリフォームする際にかかる費用の相場

室内および玄関において、既存の扉を引き戸へリフォームする際にかかる費用の相場やポイントを解説します。

室内ドアを引き戸へリフォームするケース

種類費用相場
片引き戸10~25万円
引き込み戸35万円
引き違い戸25~35万円
両引き戸25~40万円

片引き戸は、既存のドア枠をそのまま使用して引き戸とレールを設置するため、比較的リーズナブルな価格でリフォームできます。

引き込み戸の場合は戸袋設置のために壁の工事が必要なため、片引き戸より費用が高めです。

引き違い戸、両引き戸は2枚以上の戸の本体価格と、2枚以上の戸を設置するためのスペースが必要となり、1枚戸よりもリフォームが高額となります。

玄関ドアを引き戸へリフォームするケース

種類費用相場
片引き戸30~50万円
引き込み戸55万円前後
引き違い戸60~75万円
両引き戸65~80万円

玄関は家の防犯の目的を果たす必要があるため、扉が頑丈で重量があり、本体価格そのものが室内の2倍くらいになっています。

最もリーズナブルな片引き戸でも最低30万円の費用がかかることを想定しておきましょう。

さらに、玄関のリフォームが既存の玄関ドアの枠組みを利用するカバー工法ではない場合は、壁を取り壊す必要があるため、費用がかさんでしまいます。

まとめ

引き戸へのリフォームについて、室内ドアと玄関ドアの2パターンで解説しました。

いずれも既存のドアの枠組みを活かせば、費用と工期を大幅に抑えて、家の雰囲気をガラッと変えることもできます。

リフォームを検討される際は、引き戸のデザインはもちろん、目的を明確にして施工業者と相談しましょう。

リノベーション・リフォームでお困りの方は
monoclaをぜひご利用ください!

monoclaは、無料でプロを指名して、相談・資料請求・見積り・施工依頼ができるサービスです。いいね!や施工完了のお祝いポイントをギフト券に交換! ポイントを貯めながらリノベーション・リフォームのプロを見つけましょう。

カテゴリー:
関連タグ: