玄関のドアを交換するリフォームにかかる費用相場を種類ごとに解説


玄関ドアのリフォームは、15万~40万円がおおよその費用相場です。「引き戸」や「開き戸」といった扉の種類、遮音・断熱性能のグレードなどが、価格変動の要因となります。今回は玄関ドアのリフォームの費用について解説します。

「玄関ドアを開閉するときの軋むような音が気になる」

「玄関ドアが小さいので、ベビーカーの出し入れが不便」

そのような場合は、玄関のリフォームを検討しましょう。

「家の顔」とも言える玄関は、デザインへのこだわりはもちろん、ライフスタイルの変化に合わせて、ストレスなく出入りできるよう工夫したいもの。

今回は、玄関のドアを交換するリフォームにかかる費用相場を、扉の種類ごとに解説します。

玄関ドアの交換リフォームにかかる費用相場

玄関ドアを交換するリフォームには、以下の費用がかかります。

  • 既存ドアの撤去費用 1~2万円
  • 新しい玄関ドアの本体価格 10万~45万円
  • 新しい玄関ドアの取り付け費用 4~6万円

※カバー工法の場合

玄関ドア交換のリフォーム費用の相場は、約15万~40万円がおおよその目安です。

新しい玄関ドア本体の種類と性能、ドアを取り付ける工法により、費用が変動します。

なお、玄関ドア交換の工事は、既存の玄関ドアの枠組みを利用して、新たなドアに交換する「カバー工法」が主流です。

カバー工法なら周りの壁を壊す必要が無いため、コストが抑えられ、工事も1日以内に完了します。

ドアの種類による費用の違い

玄関ドアは、「開き戸」と「引き戸」の2種類に分けられます。

お家の雰囲気に合わせて、ライフスタイルに合わせて、ご自身が希望する新しい玄関ドアと、現在の玄関ドアの種類を押さえておくと、リフォーム業者に相談するときにスムーズに話が進みます。

開き戸タイプ

開き戸はノブやハンドルを回して、扉を押したり引いたりしてドアを開閉するタイプのドアです。

「片開き扉」「親子扉」「両開き扉」の3種類があり、遮音性能、断熱性能が高いというのが特徴です。

開き戸の種類本体価格特徴
片開き扉6万~30万円一枚の扉を開閉するドア。最も一般的に使用されています。
親子扉10万~40万円大小のドアがあり、大きいドアの方を開閉します。もう片方の小さいドアは固定されています。
両開き扉10万~80万円2枚のそれぞれのドアを左右両方向に移動させて開閉します。

引き戸タイプ

引き戸は、ドアを左右にスライドさせて開け閉めするドアのことです。

玄関に使用される引き戸には、「片引き戸」「引き違い戸」の2種類があります。

開き戸に比べて、出入り口周りのスペースに余裕ができるため、ベビーカーや車椅子の出入りが楽になります。

開き戸の種類本体価格特徴
片引き戸7万~60万円建具枠と1枚の引き戸で構成され、溝またはレールの上を左右どちらかにすべらせて開閉します。
引き違い戸6万~70万円2枚の戸を左右どちらにもスライドさせ、開閉することができます。

玄関ドアの断熱リフォームは補助金を活用できる

玄関ドアは、家の窓に次いで熱が出入りしやすい場所で、その断熱性能を高めることは、快適で経済的な住まいにつながります。

玄関ドアの断熱リフォームの費用相場は32万~58万円が目安で、断熱工事は自治体の補助金制度の対象となる場合があります。

玄関ドアのリフォームを検討する際は、補助金制度への申請も視野に入れ、施工業者に相談しましょう。

まとめ

玄関ドアの交換リフォームの費用やドア本体の種類、断熱リフォームについて解説しました。

「クルマを横付けして荷物の出し入れがしやすい玄関」「ベビーカーや車椅子が出入りしやすい玄関」など、リフォーム前には現在のライフスタイル、将来のライフプランに合わせて、適したものを選ぶことが大切です。

また、玄関の断熱リフォームは補助金の対象となる場合があり、工事費用の5~10%が補助されるため、ぜひ活用されることをおすすめします。

リフォーム業者を選ぶ際は、玄関ドアのリフォーム実績が豊富なことはもちろん、補助金制度に詳しいという点にも注目しましょう。

リノベーション・リフォームでお困りの方は
monoclaをぜひご利用ください!

monoclaは、無料でプロを指名して、相談・資料請求・見積り・施工依頼ができるサービスです。いいね!や施工完了のお祝いポイントをギフト券に交換! ポイントを貯めながらリノベーション・リフォームのプロを見つけましょう。

カテゴリー:
関連タグ: