リフォーム業者は「相見積もり」で比較検討を!優良業者の探し方とは

相見積もりとは、複数の業者に見積もりを依頼して、リフォームプランや料金を比較検討することです。できれば3社ほどから見積もりをとり、よりよい条件でリフォームを契約しましょう。今回は相見積もりのメリットや、守るべきルールについてお伝えします。

相見積もりとは、複数の業者に見積もりを依頼して、リフォームプランや料金を比較検討することです。

1社だけの見積もりでは、料金は適正なのか、リフォームプランの費用対効果は高いのか、判断することができません。

2社以上、できれば3社に見積もりを依頼して、よりよい条件でリフォームを契約しましょう。

今回はリフォームの前にぜひやっておきたい相見積もりのメリットや、守るべきルールについてお伝えします。

相見積もりのメリット

相見積もりをすることで、以下のようなメリットが得られます。

よりよい条件で契約できる

リフォームには定価というものがないため、複数の業者から提示された条件で比較検討するしかありません。

相見積もりを行うことで著しく高い料金を提示する悪徳業者を排除したり、リフォームプランや料金に対する業者の考えなどをチェックしたりできます。

その結果、より良い条件で契約することが可能になるのです。

優良業者を見極めることができる

必ずしも依頼したリフォーム会社が優良業者とは限りません。

悪徳業者とはいかないまでも、中には必要以上に契約を急がせたり、見積もりの内容が説明不足だったりするケースも見られます。

複数の業者を比較検討することで、本当に信頼できる優良業者かどうかを見極めることができます。

リフォームの相見積もりのルール

相見積もりをとる際は、以下のルールに従いましょう。

スポンサードサーチ

条件を揃える

複数の業者に見積もりを依頼する際は、リフォームする箇所や予算、希望する納期など条件を揃えましょう。

条件が違ってしまうと、リフォームプランや使用する材料が異なってしまうため、当然ながら見積額に差が生じて正確な比較検討ができません。

たとえば、フローリングを新しくリフォームする場合であれば、重ね張りや新規張りといった工法の種類、無垢材と複合材など床材の種類が異なると、見積額に大きな差が生じることになります。

同じ条件で複数の業者に見積もりを依頼するからこそ、比較検討できるのです。

見積もりの項目は詳細に

リフォームにかかる費用の内訳は、材料費、施工費、その他経費で構成されています。

相見積もりをとるときは、これらの費用についてできるだけ細かく、詳細に記載してもらうように依頼しましょう。こちらの要望にどのように応えてくれるかも、業者を見極める上で大きな判断材料になります。

たとえば、外壁塗装のリフォームなら材料費、養生費、塗装費(上塗り・中塗り・下塗り)、高圧洗浄、足場の組立・撤去などです。

詳細な項目を記載してもらうことで、料金の比較がしやすく、見積もりの妥当性も判断しやすくなります。

相見積もりをとることを伝える

相見積もりをとる際は、先方に前もって伝えておきましょう。

伝えないまま見積もりを依頼すると、相手が自社に決まるものだと思って準備をしてしまい、後で取り返しのつかないことになるおそれがあります。

相見積もりはリフォームでも一般的に行われているので、あらかじめ先方に伝えておけば行き違いが起こらずに済みます。

相見積もりの前に業者の事例をしっかりチェックしよう

リフォームの前には相見積もりが欠かせませんが、どの業者に見積もりを依頼すれば良いのか、初めての方にはわかりづらいところもあるでしょう。

monocla(モノクラ)では、お住まいのエリアに近いリフォーム会社をエリア、デザインテイスト、家族形態など、あなたの生活様式や施工イメージで検索できます。

あなたにぴったりのリフォーム事例と事業者が見つかるようサポートいたしますので、お気軽にご登録・ご利用ください。施工費用が還元されるお得なポイントサービスなどもご用意しております。

リノベーション・リフォームでお困りの方は
monoclaをぜひご利用ください!

monoclaは、無料でプロを指名して、相談・資料請求・見積り・施工依頼ができるサービスです。いいね!や施工完了のお祝いポイントをギフト券に交換! ポイントを貯めながらリノベーション・リフォームのプロを見つけましょう。

カテゴリー:
関連タグ: