玄関の段差の悩みを解消するバリアフリー化のリフォーム3選


玄関の段差の昇り降りが大変だとお悩みではありませんか?その問題はリフォームで解決できるかも知れません。今回は玄関の段差の悩みを解消するバリアフリー化のリフォームについて、さらには利用できる補助金制度について解説します。

昔ながらの日本の住宅は、玄関に大きな段差がある造りをしていることが多く、ご高齢の方や介護が必要な方にとっては、段差の昇り降りが大きな負担となることも少なくありません。

今回は玄関の段差の悩みを解消するバリアフリー化のリフォームについて解説します。

玄関のバリアフリー化のリフォームとは

玄関の土間と廊下をつなぐ段差のことを上がり框(かまち)と言います。

現在の戸建て住宅や賃貸物件では家の通気性が向上していることもあり、上がり框の高さも15cm以下に抑えられています。

しかしながら、昔ながらの住宅は30cm程度の高さの上がり框が残っている場合も多く、玄関の段差にお悩みの方は少なくありません。

玄関のバリアフリー化のリフォームは、この段差の昇り降りに関するお悩みを解消する目的で依頼されるケースがほとんどです。

段差部分に踏み台を設置

工事費用の相場:5万円~10万円

土間と上がり框の段差が高くて昇り降りが大変な場合は、手すり付きの踏み台を設置して緩やかな階段にすると、楽に昇り降りができます。

既存の段差はそのままで踏み台を設置するだけなので、工事費用を安く抑えられます。収納付きの踏み台にすれば、玄関の狭いスペースを有効活用することもできます。

スロープを設置

工事費用の相場:8万円~20万円

ご家族に要介護者がいる場合や、将来的に車いすの使用を想定している場合には、玄関の段差部分にスロープを設置しておくことをおすすめします。

スロープの設置は玄関から入ってきたときの動線と車いすでの移動のしやすさを考慮する必要があります。

写真のリフォーム事例はこちら

手すりの設置

工事費用の相場:4万円~6万円

玄関に手すりを設置して、段差の昇り降りを楽にするリフォームです。

一般的に玄関に手すりのみを設置するケースは少なく、多くの場合で踏み台やスロープとセットでリフォームを提案されることがほとんどです。

玄関のバリアフリー化リフォームで補助金が使える

玄関に限らず、バリアフリー化を目的としたリフォームには介護保険の補助金制度が利用できます。

要支援者あるいは要介護者と認定された方のお住まいをバリアフリー化する場合、上限額20万円まで、負担額の9割~7割の補助金が支給されます。

また、バリアフリー化を目的としたリフォームに補助金制度を設けている自治体もあります。

写真のリフォーム事例はこちら

まとめ

玄関のバリアフリー化のリフォームについて解説しました。

リフォーム業者を選ぶ際はなるべく複数社に見積もりを依頼して、予算やリフォームプランを比較検討しましょう。

補助金を利用したい場合は、補助金制度に詳しいリフォーム業者を選ぶこともポイントとなります。

リノベーション・リフォームでお困りの方は
monoclaをぜひご利用ください!

monoclaは、無料でプロを指名して、相談・資料請求・見積り・施工依頼ができるサービスです。いいね!や施工完了のお祝いポイントをギフト券に交換! ポイントを貯めながらリノベーション・リフォームのプロを見つけましょう。

カテゴリー:
関連タグ: