冬場のヒートショック対策リフォームの事例と費用の相場を解説

ヒートショックは室内の急激な温度差によって血圧が大きく変動、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすリスクを指します。トイレや浴室・脱衣所など冷え込みやすい場所と暖かい部屋との急激な温度差を感じる場合は、ヒートショック対策のリフォームが必要です。

「ヒートショック」という言葉をご存知でしょうか?

近年、入浴中に亡くなる方は全国で年間約1万4,000人にのぼると推測されており、その原因の多くはヒートショックである可能性があります。

とくに高齢者のいるご家庭では、トイレや浴室・脱衣所のヒートショック対策が重要です。

今回はヒートショックを予防するリフォームについてご紹介します。

ヒートショックとは

ヒートショックとは、室内の急激な温度差によって血圧が大きく変動、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすリスクのことです。

たとえば、暖房の効いた暖かい部屋から寒い浴室に移動した場合で考えてみましょう。

暖かい場所から寒い場所へ移動すると、人間の体は血管を細くして熱を外に逃がさないように調節します。血管が縮むと、血液が流れにくくなって血圧が急上昇します。

その状態で浴槽の温かいお湯に浸かると、血管は拡張して急上昇した血圧が急激に低下してしまいます。

とくに高血圧や糖尿病などの持病を持つ高齢者の方は、血圧の急激な変動に体が耐えられず、心筋梗塞や脳梗塞といった症状を引き起こしやすくなります。

ヒートショック対策のリフォームと費用の相場

ヒートショックは住宅の中でも冷え込みやすいトイレや浴室・脱衣所で起こりやすい症状です。これら冷え込む場所と暖かい部屋との温度差をなくすことが、ヒートショックの予防につながります。

天井・壁・床に断熱材を埋め込む

費用の相場:4,000円~3万円

天井・壁・床など、外からの冷気が侵入しやすい箇所に断熱材を埋め込むことで、部屋の温度差をなくすリフォームです。トイレや浴室など冷え込みやすい場所に施工するだけでも、ヒートショック対策としてかなりの効果を発揮します

断熱性能の高い窓に交換する

費用の相場:5万円~15万円/箇所

窓は室内の暖かい空気が外へ逃げやすく、また外からの冷たい空気が室内に侵入しやすい場所です。

二重窓やペアガラス(複層ガラス)に交換して窓の断熱性能を高めることで、冷えにくい室内にすることができます。窓の断熱リフォームは比較的簡単かつ安価で、高い断熱性を確保できます。

スポンサードサーチ

浴室乾燥暖房機を導入する

費用の相場:10万円~40万円

脱衣所で服を脱ぎ、体が冷えている状態で熱いお湯に浸かると、体が急激な温度差にさらされ、ヒートショックが起こりやすくなります。寒い浴室とお風呂のお湯との温度差を少なくするためには、浴室乾燥暖房機の導入が効果的です。

浴室乾燥暖房機には「電気式」と「ガス温水式」があります。

電気式は工事の難易度が低いため初期費用が安く、約9万円~12万円程度で設置できます。ただし、浴室を温めるのに電気代がかかり、ランニングコストは高めです。

ガス温水式は浴室暖房専用の熱源機を取り付ける必要があるため、既存の給湯器ごと交換する必要があり、初期費用が20万円以上かかります。ただし、電気式に比べてランニングコストは低めです。

浴室暖房は後付けもできますが、次に紹介するユニットバスへの交換と一緒に行うと、お得にリフォームできます。

在来浴室を最新のユニットバスに交換する

在来浴室をユニットバスに交換する場合の費用の相場:60万円~150万円

既存ユニットバスを交換する場合の費用の相場:50万円~150万円

浴室がタイル張りの在来浴室の場合、冬場はとくに室内が冷え込み、熱いお湯との温度差でヒートショックが起こりやすくなっています。また、ユニットバスでも築年数が経っている建物の場合は、断熱材が施工されていないものもあります。

最新のユニットバスは高断熱浴槽や浴室保温機能などが付いているため、断熱性能が高く、ヒートショック予防に最適です。

また浴室暖房を在来浴室に後付けすることを検討している場合は、浴室をまるごとユニットバスに交換したほうがお得な場合があります。

トイレを暖房付きウォシュレット便座に交換

費用の相場:2万円~10万円

トイレの便座が冷えているとヒートショックを起こすおそれがあるため、暖房・温水洗浄付きのウォシュレットに交換して対策しましょう。

ウォシュレット本体の価格は搭載する機能によって1万円~10万円、取り付け施工費は1万円程度です。トイレにコンセントがない場合や、給水配管を新たに設ける必要がある場合は、別途工事が発生します。

トイレや脱衣所(洗面所)にコンセントを増設

費用の相場:5,000円~2万円

ヒートショック対策のもっとも簡単なリフォームは、トイレや脱衣所など冷え込みやすい場所にコンセントを増設することです。

コンセントを設置して電源として使えるようにすれば、暖房器具を置いたり、暖房付き便座に交換したりといった対策ができます。

まとめ

高齢者の方やお体の弱いご家族をヒートショックのリスクから予防するリフォームについてご紹介しました。

ヒートショック対策で断熱性能を向上させるリフォーム、介護を目的としてユニットバスに交換するリフォームは、補助金制度や介護保険制度を活用して費用を抑えることができます。

リフォーム業者を選ぶ際は、これら支援制度に詳しい業者を選びましょう。

リノベーション・リフォームでお困りの方は
monoclaをぜひご利用ください!

monoclaは、無料でプロを指名して、相談・資料請求・見積り・施工依頼ができるサービスです。いいね!や施工完了のお祝いポイントをギフト券に交換! ポイントを貯めながらリノベーション・リフォームのプロを見つけましょう。

カテゴリー:
関連タグ: