ダウンライトとは?設置前に知っておきたいメリット・デメリットを解説


ダウンライトは天井に埋め込んで取り付ける小型の照明器具です。天井内部に埋め込んで設置するため、天井がすっきりとして見えるという特徴があります。今回は、お部屋に設置する前に知っておきたい、ダウンライトのメリット・デメリットを解説します。

ダウンライトとは、天井に埋め込んで取り付ける小型の照明器具のことです。

シーリングライトやペンダントライトといった照明器具とは異なり、天井内部に埋め込んで設置するため、天井がすっきりとして見えるという特徴があります。

今回は、お部屋に設置する前に知っておきたい、ダウンライトのメリット・デメリットを解説します。

ダウンライトのメリット

照明器具にほこりが溜まらないため掃除しやすい

ダウンライトは天井内部に埋め込んで設置するため、シーリングライトやペンダントライトのようにほこりが溜まりません。

とくに寝室は布団やシーツなどのほこりが発生しやすく、照明器具も定期的な掃除が必要です。

寝室をダウンライトにすれば、掃除の手間を大幅に省くことができます。

天井がすっきりして開放感がある

ダウンライトは天井に埋め込まれているため、天井がすっきりとして開放感のある空間になります。

天井から吊るすタイプのペンダントライトと比べ、掃除や片付けのときにじゃまになりません。

スポンサードサーチ

おしゃれでシックな雰囲気になる

ダウンライトは部屋全体を明るく照らすメインの照明というよりも、間接照明として補助的な照明として使用されます。

部屋全体が明るすぎず、おしゃれでシックな雰囲気になるため、とくに寝室の照明としておすすめです。

ダウンライトのデメリット

ダウンライトにはメリットの他にデメリットもあります。照明器具として採用する前に、デメリットについても把握しておきましょう。

自分で電球を交換できない場合がある

ダウンライトには、自分で電球を交換できるタイプと、できないタイプがあり、後者は器具の交換時に火災や漏電トラブルのおそれがあるため、電気工事士の有資格者が交換する必要があります。

シーリングライトやペンダントライトのように、買ってきた器具を自分で交換するわけにはいかないので、交換ごとに専門業者に依頼するコストがかかります。

初期費用がかかる

ダウンライトは器具交換のランニングコストのみならず、初期費用も高くなる場合があります。

基本的にダウンライトは1部屋に複数個設置することが一般的です。

たとえば、調光機能付きダウンライトは1ヶ所あたり約20,000円、4ヶ所に設置する場合は約80,000円、さらに調光機能付きリモコン1個あたり10,000円がかかります。

ダウンライトの初期費用は1部屋あたり10万円程度を見込んでおきましょう。

まとめ

ダウンライトのメリット、デメリットについて解説しました。

お部屋をすっきりと見せたい方、おしゃれでシックな雰囲気にしたい方は、ダウンライトの設置がおすすめです。

設置後に後悔することのないよう、リフォーム前にはメリットとデメリットの両方を把握して検討するようにしましょう。

リノベーション・リフォームでお困りの方は
monoclaをぜひご利用ください!

monoclaは、無料でプロを指名して、相談・資料請求・見積り・施工依頼ができるサービスです。いいね!や施工完了のお祝いポイントをギフト券に交換! ポイントを貯めながらリノベーション・リフォームのプロを見つけましょう。

カテゴリー:
関連タグ: