「生活動線」を意識した住みやすい家づくりのためのリフォームとは

マイホームを購入するときや、家族構成が変わったとき、快適な住まいを実現するために重要なことの1つに「生活動線」があります。生活動線は家の快適さ、家族の暮らしやすさを左右すると言っても過言ではありません。

マイホームを購入するときや、家族構成が変わったとき、快適な住まいを実現するために重要なことの1つに「生活動線」があります。生活動線は家の快適さ、家族の暮らしやすさを左右すると言っても過言ではありません。

今回は生活動線を意識したリフォームについて解説します。

生活動線・家事動線とは?

「生活動線」とは、トイレに行く、お風呂に入る、食事を作りにキッチンへ行くなど、住宅内で家族が移動する・動くルートのことを指します。その中でも、家事をするときの移動線を「家事動線」と呼びます。

住宅において、生活動線や家事動線が短く、シンプルであるほど暮らしやすい家になるといわれています。

たとえば、寝室の近くに洗面所があれば起床後すぐに顔が洗え、キッチンと洗面所が隣り合っていれば、洗濯をしながら調理ができます。

しかし、家が古いために間取りが新しい生活スタイルに即していない場合や、家族の人数が多い場合などは、家族の動線が交わることでストレスになることもあります。

生活動線・家事動線を意識したリフォームを検討するときは、実際の生活スタイルをイメージしながら、使い勝手のよい間取りや配置にすることが重要です。

生活動線・家事動線が交差している家とは?

住宅において生活動線や家事動線が交差すると家族の移動の邪魔になったり、ストレスになったりしますが、普段の生活のことなので慣れてしまうと気づかないこともあります。

では、生活動線・家事動線が交差している家とはどんな間取りを指すのでしょうか?具体的に考えてみましょう。

よくあるケースとしては、キッチン・浴室・トイレ・洗面所の水まわりを隣り合わせた間取りです。

水まわりを1ヶ所にまとめると給排水管の配置の面ではメリットがあるものの、それぞれの部屋を移動する家族の動線が交差してしまうというデメリットも生じます。

たとえば、浴室・洗面所・洗濯機置場への出入り口が一つしかない場合、洗濯や洗面、入浴など、家族の動線が重なってしまいます。朝の忙しい時間帯に混雑したり、家族がすれ違うたびにじゃまになったりして、ストレスを感じることになるでしょう。

この場合、間取りリフォームで出入り口の数を増やしたり、水回りの配置を見直したりすることで、スムーズな動線に改善することができます。

生活動線・家事動線に配慮した間取りやレイアウト

1人でゆったりと移動できる動線は600mm前後のスペースが必要で、2人がすれ違う場合の動線は900mm~1200mm前後のスペースが必要となります。

これらを踏まえ、生活動線や家事動線に配慮した間取りやレイアウトを考えてみましょう。

リビング

リビングは住宅のなかでも生活動線・家事動線が交差しやすい場所です。

ソファとテレビまでの適正距離が、リビングのレイアウトを考える上で重要となります。一般的に「画面の高さ×3倍」が適正距離と言われていますが、近いと感じる場合は距離を少し広げましょう。

また、ソファとテーブルまでの距離を30cm離すと、足が延ばしやすく、作業もしやすくなります。ローソファの場合は、テーブルとの距離をもう少し広めにとりましょう。

キッチン

家事を行う場面が多い水回りは、とくに「家事動線」を意識する必要がある場所です。生活動線と家事動線が交差すると、家族同士がぶつかったり、ストレスを感じたりします。

キッチンから洗面所(洗濯機置場)、キッチンからリビングへの動線は家事動線ですので、これに生活動線が交差しないような間取りがおすすめです。

たとえば、リビングからトイレ、洗面所への出入り口が複数箇所あると、家族同士がすれ違う回数を減らして家事がしやすくなります。

現状でリビングからトイレ、洗面所への出入り口が1ヶ所のみの場合は、リフォームによってもう1ヶ所増やすことを検討してみましょう。

スポンサードサーチ

洗濯機の配置

「洗濯機と物干しスペースが遠い」「料理をしながら洗濯が不便」など、生活動線・家事動線で意外と多い悩みが洗濯機の配置です。実は、家事のなかでも洗濯は工程が多く、動線が短く、効率的でないと大きなストレスとなります。

たとえば、キッチンに隣接する位置に洗濯機置き場を配置して、キッチン→洗濯機置場→物干しスペースまでの動線を短くすると、スムーズな移動が可能です。

さらに、リビングにアイロンをかけたり、洗濯物をたたんだりするスペースを確保すれば、リビング周りで調理、洗濯、物干し、洗濯物の片付けなどの家事を完結できる間取りが完成します。

まとめ

生活動線・家事動線を活かした間取り、レイアウトについて解説しました。

リフォームによって居住スペースをコンパクトにしつつ、効率よく動線を確保するためには、実績の豊富なリフォーム業者に相談することが大切です。

業者のホームページや一括見積サイトなどで、実際の施工事例を確認して、信頼できるリフォーム業者に依頼しましょう。

リノベーション・リフォームでお困りの方は
monoclaをぜひご利用ください!

monoclaは、無料でプロを指名して、相談・資料請求・見積り・施工依頼ができるサービスです。いいね!や施工完了のお祝いポイントをギフト券に交換! ポイントを貯めながらリノベーション・リフォームのプロを見つけましょう。

カテゴリー:
関連タグ: