風水や家相を意識した家づくりとは?運気を呼び込む「三備」の方角

「鬼門・裏鬼門」という言葉をご存知ですか?新築を建てるときや、リフォームで間取りを変えるとき、風水や家相の考えを取り入れたいと考える方は少なくありません。今回は風水や家相を意識した家づくりのポイントについて解説します。

新築を建てるときや、リフォームで間取りを変えるとき、風水や家相の考えを取り入れたいと考える方は少なくありません。

一度決めてしまった間取りの方角は、すぐには変えることができません。最低でも方角の「鬼門と裏鬼門」、家の「三備」の配置を意識した家づくりを目指しましょう。

今回は風水や家相を意識した家づくりのポイントについて解説します。

家の中で不吉とされている「鬼門と裏鬼門」

風水では、家の中の北東を「鬼門」、南西を「裏鬼門」と呼び、不吉な方角としています。鬼門とは「鬼が通る不吉な道」のことで、中国古来の考え方です。

日本では、中国から伝わってきた風水を独自の世界観の中で発展させ、「家相」という概念を生み出しました。家相では鬼門と裏鬼門に「三備を設けず」としています。三備とは、玄関・キッチン・トイレのことです。

生活において重要な役割を持つ三備を鬼門や裏鬼門に配置すると、運気が下がると言われています。

運気を呼び込む間取りの方角

風水では「陽の気」と「陰の気」という考え方があります。

陽の気は活動のエネルギーとされ、玄関や人が多く集まるリビングなどに宿ります。また陰の気は静寂のエネルギーとされ、寝室に向いているとされています。

これらを踏まえ、風水の観点から家の間取りの方角でもとくに注意したい玄関、キッチン、トイレについて解説します。

玄関

おすすめの方角:「東・南東・南」

風水では、玄関は家の外から「気」を運んでくる場所とされています。

玄関に悪い気が溜まると、家全体の運気も下がってしまうため、吉方位に配置して陽の気を入れ込むことが基本です。

キッチン

おすすめの方角:「東・南東・北西」

キッチンは陽の気を司る火と、陰の気を司る水を同時に使う場所です。

鬼門は陰の気を呼び込む方角ですので、キッチンを鬼門・裏鬼門に配置することはおすすめしません。

また、鬼門である北東は日当たりが悪く、裏鬼門である南西は西日の影響で夏場に食べ物が腐りやすいという特徴があります。

スポンサードサーチ

トイレ

おすすめの方角:「北・東・西・南東」

トイレや浴室は水を扱う場所であるため、風水では陰の気が溜まりやすい場所とされており、鬼門や裏鬼門への配置は避けたいものです。

また、鬼門は湿気が溜まりやすい場所であり、カビや雑菌が繁殖する原因となるため、風通しの良い場所に配置することがおすすめです。

まとめ

風水や家相は快適な暮らしをつくるための、古くからの先人の知恵です。

ただし、施工業者も風水や家相に精通しているわけではないため、家のすべての間取りを風水や家相に合わせることは、現実的とは言えません。

新築やリフォームを検討するときは、要望と現実のバランスを取りつつ、快適に暮らせる家の提案ができる業者を選びましょう。

リノベーション・リフォームでお困りの方は
monoclaをぜひご利用ください!

monoclaは、無料でプロを指名して、相談・資料請求・見積り・施工依頼ができるサービスです。いいね!や施工完了のお祝いポイントをギフト券に交換! ポイントを貯めながらリノベーション・リフォームのプロを見つけましょう。

カテゴリー:
関連タグ: