トイレリフォームの費用相場は?ケース別に発生する費用を解説!


トイレは生活に欠かせない設備であり、常に清潔さと使いやすさを保っておきたい部位です。トイレで行えるリフォームの費用相場を知っておくと、古さや使いづらさを感じた時に、すぐにリフォーム業者に見積もりを取ることができるでしょう。この記事では、トイレで行えるリフォームについて、各ケースの費用相場とリフォーム時の注意点を解説します。

トイレリフォームのケース別・費用相場

まずはトイレで行えるリフォームの種類と、各リフォームの費用相場を一覧で見てみましょう。

※各リフォームの内容や実施する時のポイントは、次の項目で個別に詳しく解説します。

便器を交換するリフォーム

便器交換リフォームの種類 費用相場
便器の交換 20~40万円
和式トイレから洋式トイレに交換 20~60万円
タンク付きからタンクレストイレに交換 20~40万円
ウォシュレットの取り付け 5~10万円

トイレルームのリフォーム

トイレルームリフォームの種類 費用相場
トイレルームの洗面台リフォーム 10~30万円
トイレに手すりを設置するリフォーム 10~20万円
トイレの内装リフォーム 10~30万円
トイレの位置を変更するリフォーム 40~80万円
トイレを新たに設置するリフォーム 40~60万円

便器を交換するリフォームの種類と費用について

トイレの便器のみに手を加えるリフォームでは、トイレルーム内の内装工事や、電気・給排水管などの設備工事が発生するかどうかで費用が異なります。

スポンサードサーチ

便器の交換

  • 約20~40万円

便器のみを交換するリフォームでは、便器本体の価格として約10~20万円、便器の取り付け工事に約10万円の費用が発生します。取り付け工事費用の内訳は、古い便器の解体処分費用や、給排水管の設備工事費用などです。

便器本体の価格は、オート洗浄機能やLEDライト付きなど、機能が豊富なタイプほど高くなるでしょう。また、タンクレストイレに比べるとタンク付きトイレは約5万円安く購入できる場合があります。

和式トイレから洋式トイレに交換

  • 約20~60万円

和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合は、便器の交換だけでなく内装リフォームも発生します。内装リフォームの内容は、和式トイレ特有の段差を解体する工事や、タイル床をクッションフロアに交換する工事、給排水管工事、電気配線工事などです。

和式トイレから身体が不自由な人でも楽な姿勢で利用できる洋式トイレにリフォームすると、自治体の「バリアフリーリフォーム補助金」の対象になることがあります。リフォームする前に、自治体が実施しているリフォーム補助金の期間や利用条件に目を通しておきましょう。

タンク付きからタンクレストイレに交換

  • 約20~60万円

タンクと手洗いが付いたトイレを撤去し、手洗いのないスリムなタンクレストイレに交換するリフォームです。タンクレストイレにリフォームする際は、洗面台をトイレルーム内に新設しなければなりません。また、タンクがなくなったスペースの床材を張替える内装工事も発生します。

ウォシュレットの取り付け

  • 約5~8万円

ウォシュレット機能付きの便座を取り付ける工事です。トイレルーム内に電源がない場合は、コンセント取り付けのための電気工事が発生します。

トイレルームリフォームの種類と費用について

トイレルームのリフォームは、リフォームの規模が広範囲になるほど費用も高額になるでしょう。ただし、住宅の構造や間取りによっては、大規模なトイレルームリフォームは行えないかもしれません。特に水回りリフォームの規模が限られるマンションでは、トイレのリフォームを実施できるかどうか、リフォーム業者と管理組合に確認しておかなければなりません。

トイレルームの洗面台リフォーム

  • 約10~30万円

タンク付きからタンクレストイレに交換する時は、トイレルームに新しく洗面台を取り付けるリフォームが発生します。あるいは、古いトイレの洗面台をおしゃれにリフォームするケースもあるでしょう。

トイレ内の洗面台には、以下の部材が必要です。

  • 蛇口
  • 洗面ボウル
  • カウンター
  • 収納棚
  • タオル掛け

など

部材一式の手配をリフォーム業者に任せることも可能ですが、洗面ボウルやタオル掛けなどを施主支給にしたりDIYで設置したりすることで、費用を抑えることもできます。ただし蛇口の取り付け工事は、「給水装置工事主任技術者」が在籍している、自治体の許可を受けた設備業者しか行えません。また、DIY設置したカウンターや鏡が落下して怪我をする恐れもありますので、無理なDIYは避け、リフォーム業者に確実に取り付けてもらいましょう。

トイレに手すりを設置するリフォーム

  • 約10~20万円

トイレの壁の縦または横方向に、手すりを取り付けるリフォームです。トイレルーム内の手すり取り付け工事も、バリアフリーリフォーム補助金の対象になることがあります。

トイレの内装リフォーム

  • 約10~30万円(0.5坪の場合)

トイレルームの内装は、壁紙や床材をすべて張替えたり、扉を引き戸に交換したりするリフォームが行えます。水漏れで床下地材まで腐食している場合は、床下地材の交換工事が発生し、費用が割高になることがあります。水漏れは給排水管の接続不良で起きることもあるため、早めにリフォーム業者を呼んで、便座周りの状態を確認しておきましょう。

トイレの位置を変更するリフォーム

  • 約30~80万円

トイレの位置を交換するリフォームでは、トイレルームをいったん解体する工事と、別の場所にトイレを設置する工事が発生します。既存のトイレを新しい位置で使い続ける場合は、内装工事費用のみでリフォームがほぼ行えるでしょう。また、新しくトイレを設置する場所に押し入れなどを再利用すると、壁の新設といった内装工事費用を抑えられることもあります。
トイレの位置変更リフォームは、既存のトイレから給排水管を延長するために、設備工事が高くなります。また、排水管は水が詰まらないように勾配を付けなければなりませんが、排水管が長くなるほど勾配を付けづらくなるため、間取りによってはトイレの位置を動かせない可能性もあるでしょう。

なお、マンションでトイレの位置を移動するためには、排水管が床下のコンクリートに埋まっていないこと、トイレの位置変更リフォームが管理規約で禁じられていないことなどの条件が揃っている必要があります。

トイレを新たに設置するリフォーム

  • 約40~60万円

二世帯住宅にリフォームする時や、2階にもトイレを追加したい時などには、トイレの新設リフォームを検討してみましょう。トイレを新設するためには、新設するトイレの位置まで排水管を延ばすことができ、かつ適切な勾配を付けられることが条件です。

2階にトイレを新設する場合は、1階のトイレと近い位置に2階のトイレを設置できれば、給排水管の工事費用を抑えることができます。リフォーム業者に住宅の間取りを確認してもらい、最も設置しやすく使いやすいトイレの位置を考えてもらいましょう。

まとめ

トイレは、水回り機器の中でもリフォームを少額で行いやすい部位です。毎日必ず使うトイレで使いづらさや不便さを感じた時は、早めに見積もりを取って、使えなくなってしまう前にリフォームを済ませておくと良いでしょう。

カテゴリー:
関連タグ:

このコラムの執筆者


monocla運営局

monocla運営局

monocla運営局です。リノベーションに関するお役立ち情報をお届けします。

人気コラム