適合R住宅と安心R住宅


適合リノベーション住宅とは

適合リノベーション住宅は、きちんと検査をしたうえで必要な改修工事を施し、その記録を住宅履歴情報として保管します。住宅履歴情報があれば、点検やメンテナンスがしやすく、将来売却するときにも役に立ちます。また、万が一の不具合に対してもアフターサービス保証がついてくるので、安心して選べるリノベーション住宅です

※アフターサービス対象の箇所や保証内容は、住宅のタイプによって異なります。アフターサービス保証書をご参照ください。

検査

重要インフラの検査

給水管・排水管・給湯管・ガス配管・電気配線・分電盤・火報設備・下地組(床・壁・天井)・浴室防水の13項目に関し、検査基準を設定しています。
R1住宅検査ガイドブック【PDF】

保証

重要インフラの保証

重要インフラ13項目に関し、新規・既存に関わらず、2年以上の保証を付帯(アフターサービス保証書の発行)

履歴

住宅履歴図書の保管

以下の書類を住宅履歴に保管することを義務としています。
(1)平面図(2)仕上げ表
更新した場合:
(3)配管図(4)配電図(5)設備位置図
消費者は、IDとパスワードで協議会のホームページからいつでも住宅履歴を確認することができます。

安心R住宅とは

安心R住宅は、「不安」「汚い」「わからない」を払拭した販売物件であって、リフォーム等について情報提供が行われる既存住宅に対し、国の関与のもとで事業者団体が標章(「安心R住宅」)を付与するしくみです。

具体的な要件は、以下のようになります。

安心

不安の払拭

「耐震性」
建築基準法の耐震基準に適合していること。

「構造上の不具合」
既存住宅売買かし保険契約を締結するための検査基準に適合していること。

キレイ

汚いイメージの払拭

住宅の各部位において、

  • リノベーション・リフォーム工事によって従来の「汚い」イメージが払しょくされている。
  • リフォーム工事を実施していない場合は、提案書がある。
  • 外装、主たる内装、水廻りの現況写真が閲覧できる。

理解

わからないイメージの払拭

「設計図書、点検の記録など
物件選びに役立つ情報の保管状況等が記載された書面(「安心R住宅調査報告書」)を作成するとともに、住宅購入者の求めに応じて情報の内容を開示。

マンションの場合

管理組合により適正な管理が行なわれているかをチェックします。

下記の図書が備わっていること。

・「管理規約」

快適なマンション生活を維持するために、マンションの実状に応じたルールが載っているものです

・「長期修繕計画」

長期的かつ計画的な修繕を適切にするためのものです

適合R住宅と安心R住宅

住宅のタイプごとの基準

住宅タイプ 適合リノベーション住宅タイプ 安心R住宅
区分所有マンション専有部(マンションー住戸)
マンション(一棟まるごとリノベーション)
戸建住宅

一般社団法人リノベーション協議会のホームページより転載

カテゴリー:
関連タグ:

このコラムの執筆者


monocla運営局

monocla運営局

monocla運営局です。リノベーションに関するお役立ち情報をお届けします。

人気コラム