介護リフォームの内容別の費用相場や工事のポイントを解説


「介護リフォーム」は段差や階段などを介護者にとって住みよく、生活しやすい環境にするリフォームです。介護者のお体の状態に合わせた介護リフォームをすることで、家での生活がより快適になります。

「介護リフォーム」は段差や階段などを介護者にとって住みよく、生活しやすい環境にするリフォームです。

介護者のお体の状態に合わせた介護リフォームをすることで、家での生活がより快適になります。

今回は、介護リフォームの内容別に費用相場と、工事のポイントについて解説します。

玄関・廊下のリフォーム

スロープの設置:2万円~45万円

手すりの設置:5万円~10万円/箇所

開き戸から引き戸へ交換:10万円~20万円

廊下を歩くのがつらかったり、玄関を車いすで通りにくいと感じたりしたら、介護リフォームが必要です。

玄関から廊下への段差・階段をスロープに変えると、車いすでも楽に移動できます。

また、廊下に手すりを設置すると、歩くのが楽になって転倒防止にも役立ちます。

玄関を開き戸から引き戸に交換するとスペースに余裕ができますが、戸枠から変更する場合は大掛かりなリフォームが必要です。

浴室のリフォーム

浴室暖房の設置:10万~40万円

ユニットバスへの交換:50万円~150万円

冬場にひやっと冷たいタイル張りの浴室は、急激な温度差が生じやすく、脳梗塞などの原因となるヒートショック現象に要注意です。

浴室を暖める浴室暖房は後付でも設置可能で、浴室乾燥機も付いたタイプを選ぶと、物干しスペースとしても活用できます。

また、古い浴室を断熱性能が高く滑り防止の床材を使用したユニットバスに交換するリフォームもおすすめです。

トイレのリフォーム

洋式トイレへの交換:30万円~50万円(便座のみ)

手すりの設置:5万円~10万円

開き戸から引き戸へ交換:10万円~20万円

介護リフォームでは「トイレを使いやすくしたい」とのご相談も多いです。

和式トイレで使いにくいと感じていたら、洋式トイレへの交換をおすすめします。暖房・洗浄機能つきの洋式便座なら、およそ30万円~50万円で交換できます。

また、車いすの方は手すりを設置したり、開き戸を引き戸へ交換したりするのもおすすめです。

車いすでは狭く感じる、トイレを使用するのに介助者が必要といった場合は、トイレの拡張工事も検討が必要となるでしょう。

階段のリフォーム

手すりの設置:5万円~10万円

踏板部分の床材の交換:25万円~30万円

昇降機の設置:50万円程度

介護者がお住まいの住宅では、階段を踏み外して転落したり、階段でバランスを崩したりといった事故が心配されます。

階段の両側に手すりを設置すれば、スリップや転落のリスクを大幅に減少させることができます。

また、踏板部分を滑りにくい素材に交換することで、踏み外しやスリップを防止します。シートタイプの滑り止めを利用すればDIYも可能ですが、本格的にリフォームする場合は25万円~30万円ほどの費用がかかります。

車いすで階段の昇降が難しい場合は、昇降機を設置するリフォームも検討しましょう。直線階段で50万円程度の費用がかかりますが、月あたり1万円でレンタルできるサービスもあります。

介護リフォームでは利用できる助成金や上手な業者の探し方

介護リフォームは一定の要件を満たすと補助金や助成金を受けることができます。

ただし、補助金・助成金を受けるには事前に申請してからリフォームを行う必要があります。

介護リフォームを検討する際は、料金やリフォームプランはもちろん、補助金・助成金制度にも詳しい業者を選びましょう。

monocla(モノクラ)では、写真付きのリフォーム事例から気に入った業者に相談・問い合わせができますので、ぜひご活用ください。

リノベーション・リフォームでお困りの方は
monoclaをぜひご利用ください!

monoclaは、無料でプロを指名して、相談・資料請求・見積り・施工依頼ができるサービスです。いいね!や施工完了のお祝いポイントをギフト券に交換! ポイントを貯めながらリノベーション・リフォームのプロを見つけましょう。

カテゴリー:
関連タグ: