在宅のテレワークで集中できない方におすすめのレイアウトとは

テレワークに切り替えた途端、「仕事に集中できない」という問題を抱えてしまう方も少なくありません。テレワーク部屋のレイアウトは、仕事の質にも影響を及ぼします。今回は在宅勤務で集中できないという方に、おすすめのレイアウト例をご紹介します。

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、多くの企業がテレワークを導入しています。これまでオフィス勤務だったものが、昨年から在宅勤務になったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、在宅のテレワークに切り替えた途端、「仕事に集中できない」という問題を抱えてしまう方も少なくありません。

今回は在宅のテレワークで集中できないという方に、おすすめのデスクのレイアウト例をご紹介します。

テレワークで集中できないレイアウトの問題

テレワークに集中できないとき、部屋が以下のレイアウトになっていないか注意してみてください。

視界が情報過多になると集中できない

「テレワークは窮屈だから、外の景色を見ながら仕事をしたい」という方は少なくありません。しかし、視界に窓の外の風景が入ってくると、目の前にあるパソコンや手元の資料・テキストなどと情報過多になり、1つの仕事に集中できない環境になってしまいます。

壁と対面すると圧迫感がある

壁にデスクをくっつけ、壁と対面するようなレイアウトは、「スペース効率」と「視界に無駄なものを入れない」を両立させることができます。ただし、正面に壁があると圧迫感が生じます。また背後のスペースが広いと、意外と落ち着かないものです。

スポンサードサーチ

背後に入り口のドアがあるとそちらに意識が向いてしまう

背後に入口のドアがあると、家族が室内に入ってきたときに一気に集中力が削がれてしまいます。1人で作業しているときであっても、どうしても入り口に意識が向いてしまいます。

テレワークの集中力がアップするレイアウト例

テレワークの集中力がアップするレイアウトの例をご紹介します。

入り口が視界に入るデスク配置

学校の校長室や、会社の社長室を思い出してみてください。多くの場合、デスクが部屋の入り口の方を向くレイアウトになっていませんでしたか?

「集中できない例」で触れたように、入り口が視界に入るほうが安心でき、1つの作業に集中することもできます。とくに家族や同居人がいる方には効果の高いレイアウトです。

リビングやダイニングは意外と集中できる

テレワーク専用の部屋を確保できない場合は、リビングやダイニングにワークスペースを設けてみましょう。キッチンに近いリビングやダイニングは、すぐに飲み物を取りに行けますし、ゲームや漫画など集中力を削いでしまう誘惑もないため、意外と集中して仕事ができます。

まとめ

テレワーク部屋のレイアウトは、仕事の質にも影響を及ぼします。快適なデスクとチェア、部屋のレイアウトを考えて、仕事に集中できる環境を整えましょう。

リノベーション・リフォームでお困りの方は
monoclaをぜひご利用ください!

monoclaは、無料でプロを指名して、相談・資料請求・見積り・施工依頼ができるサービスです。いいね!や施工完了のお祝いポイントをギフト券に交換! ポイントを貯めながらリノベーション・リフォームのプロを見つけましょう。

カテゴリー:
関連タグ: