【100均DIY】グルーガンで作ろう!かわいいランプシェード


グルーガンはDIYに必需品

ハンドメイドやDIYによく使われるグルーガン。接着に使用するグルースティックは、熱を加えると溶けて液状化し、冷却すると固形化する熱可塑性樹脂が主な成分です。グルーガンにグルースティックを差し込み、ガンの中にあるヒータの熱でグルーを溶かして接着します。

グルーガンとグルースティックは、100均やホームセンターで購入できる身近なDIYツールです。主に手芸や木工工作などの接着に使用されますが、近年ではグルーガンを使ったシーリングスタンプやコースター作りなど、DIYの幅が広がってきています。
手っ取り早く接着ができて重宝しますが、グルースティックは、グルーガンから出して数秒で硬化してしまいます。時間をかけたいとき、また細かい作業などには不向きといえるでしょう。

グルーガンとグルースティックでランプシェードをDIY

ライトにかぶせて光を楽しむランプシェード。すき間から漏れる光が幻想的ですね。100均の材料とグルーガン・グルースティックを使って、簡単なランプシェードを作りたいと思います。

【材料】
・グルーガン(100均orホームセンター・手芸店など)
・LEDライト(100均)
・グルースティック(100均)
・牛乳パック 適度な高さでカットしたものを使用
・クッキングシート
・テープ

グルースティックというと、白が定番カラーでしたが、今では黒や茶色、写真のようなラメ入りカラーも登場しています。ただ接着するだけでなく見せるDIYにも使えます。実際、モールドにグルースティックを流し込んでアクセサリーパーツを作ってみましたが、カラフルでかわいいアイテムが作れました。こんなにかわいいグルースティックが100円(税抜)!

まず牛乳パックをLEDライトより少し高めの位置でカットします。牛乳パックにクッキングシートを被せ、裏にテープを貼って固定します。

5面すべてにクッキングシートが被さった状態になったら、グルーガンでシェードランプを作っていきます。このとき、強度と型崩れ防止のため、最初に辺をなぞってから網目を描きましょう。まずは上部4辺から。

側面の辺と底面の4辺もなぞります。

すべての辺をなぞり終えたら、模様を描いていきます。ここから3~4本使うので手元にグルースティックを準備しておくと良いです。作業中は、グルーガンと牛乳パックが熱くなるのでご注意ください。

全面に模様を描きました。同色が足りなかったので色が混ざっています。

模様が駆けたら牛乳パックを抜き、クッキングシートを剥がします。今回アルミホイルで代用しましたが、クッグルーが接着して剥がしにくくなるので、出来ればクッキングシートを使ってください。

ランプシェード本体が出来上がりました。以前作ったものは白同一色でしたが、カラフルなのも魅力的です。

夏休み工作にも!大人も子供も楽しめるDIY

ライトをつけてみると、シェードランプの幻想的な世界が広がります。グルーガンで作ったざっくりとした模様も魅力のひとつです。グルーガンで作るランプシェードは大人も子供も(小学生以上)楽しめるDIYです。親子で楽しめるので、夏休みの工作にいかがですか?

リノベーション・リフォームでお困りの方は
monoclaをぜひご利用ください!

monoclaは、無料でプロを指名して、相談・資料請求・見積り・施工依頼ができるサービスです。いいね!や施工完了のお祝いポイントをギフト券に交換! ポイントを貯めながらリノベーション・リフォームのプロを見つけましょう。

カテゴリー:
関連タグ:

このコラムの執筆者


monocla運営局

monocla運営局

monocla運営局です。リノベーションに関するお役立ち情報をお届けします。