マンション購入時の諸費用は人によって違う?比較すべき2の項目


マンション購入時は諸費用がかかります。諸費用額は100万円を超えるケースも多いですが、金額が一律に決まっているわけではありません。そこでこの記事では、マンション購入時に諸費用額を抑えるため、比較すべき2つの項目について詳しく解説していきます。

仲介手数料の比較

1つ目の比較項目は仲介手数料についてです。というのも、仲介手数料は不動産会社によって異なるので、不動産会社を選ぶ際は利率を比較することが重要になるからです。

仲介手数料は上限が決まっている

そもそも、不動産会社が売主・買主に請求して良い仲介手数料は、以下のように利率の上限が決まっています。

売買価格仲介手数料率
200万円未満売買金額×5%
200万円超~400万円以下売買金額×4%+2万円
400万円超売買金額×3%+6万円

たとえば、2,300万円の物件を購入した場合は、「(2,300万円×3%+6万円)×消費税1.1=82.5万円」が、購入者が不動産会社に支払う仲介手数料の上限です。

不動産会社の提示する利率を比較

中古マンション購入時は、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。その際、前項で解説した仲介手数料率を上限いっぱいに設定している不動産会社が多いです。ただし、不動産会社の中には仲介手数料率を上限より低く設定している不動産会社もあります。

前項のように、仲介手数料は100万円を超える場合も多いので、仲介手数料の利率を比較した上で不動産会社を選びましょう。もちろん、利率の低さだけではなく「担当者が信頼できるか?」などの要素も重要ですが、仲介手数料の利率が不動産会社によって異なる点を知っておくことは重要です。

ローン関係費用の比較

2つ目の比較項目はローン関係費用であり、具体的には「手数料」と「保証料」のことです。手数料とは金融機関の事務作業などに支払う費用です。保証料は保証会社に支払う費用であり、保証会社とは借入者がローンを支払えなくなったときに保証人の代わりをする機関です。

マンション購入時は、仲介してくれる不動産会社が金融機関を斡旋したり、自分で金融機関に問い合わせたりして住宅ローンを組みます。その際、金融機関によってローン関係費用が異なるので比較が必要というわけです。

特に、保証料は「借入額×2%」と高額に設定している金融機関も多いため、住宅ローンを組むときは諸費用も加味して金融機関選びをしましょう。

まとめ

このように、マンション購入時は仲介手数料とローン関係費用の2つの項目は必ず比較しましょう。マンション購入時の諸費用の大半はこの2つの項目になるので、この費用を抑えることができれば金銭的なメリットは大きくなります。

カテゴリー:
関連タグ:

人気コラム