在宅勤務用のワークスペースを自宅に作るコツ!リフォーム事例もご紹介


在宅勤務でテレワークをすることになった場合、どこに、どのようなワークスペースを作ればいいのか迷ってしまいませんか?今回は、DIYでワークスペースを設けるアイデアや、本格的にワークスペースを作るリフォームについてご紹介します。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、テレワークや在宅ワークを取り入れる企業が増えてきました。

しかし、自宅には在宅勤務用のスペースがないことや、プライベートとの切り替えが難しいことなどから、不便さを感じている方も多いのではないでしょうか?

今回は、DIYでワークスペースを設けるアイデアや、本格的にワークスペースを作るリフォームについてご紹介します。

自宅にワークスペースを作るアイデア

自宅でテレワークをすることになった場合、どこに、どのようなワークスペースを作ればいいのか迷ってしまいませんか?

ここでは、自宅にワークスペースを作るときのアイデアをいくつかご紹介します。

リビングの一角に設ける

一般的な戸建てやマンションでもっとも広いスペースがリビング(LDK)です。

どこにワークスペースを設けたらいいか迷ったときは、リビングの一角を活用しましょう。

リビングであれば、ワークスペースを設置しても十分な広さが確保できます。カウンターやデスクを置いてワークスペースを確保すれば、あまり費用をかけずに在宅勤務を始められるでしょう。

とくに、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭で、目の届く範囲内にワークスペースを設けたい方におすすめです。

デッドスペースを活用する

階段下やダクトスペースなど、普段の生活では利用することが難しい「デッドスペース」を、ワークスペースとして活用しませんか?

リビングに設けるパターンほど開放感はないものの、デスクとチェア、パソコン等を置くだけでデッドスペースがワークスペースへと早変わりします。

ただし、作業に必要なコンセントやLAN取り出し口などを確保できるか、暑さ寒さに対応できるかどうかを、事前に確認する必要があります。

スポンサードサーチ

空き部屋をワークスペースにする

家の中に使っていない空き部屋があれば、デスクとチェア、パソコン等を置いてすぐにワークスペースとして活用できます。

リビングやデッドスペースにワークスペースを設けるパターンよりもプライバシーが確保されるため、集中してテレワークをしたい方や、プライベートとのオン・オフをはっきりをしたい方におすすめです。

リビング(LDK)にワークスペースを作るリフォーム

長期的に在宅勤務の必要性がある方から、「デュアルディスプレイが置けるスペースを確保したい」「オンライン会議ができる環境にしたい」といった、より快適に仕事をするための要望をいただくことが多くなっています。

ここでは、比較的コストをかけずにリビングにワークスペースを作るリフォームの事例をご紹介します。

造作壁で間仕切りしたワークスペース

造作壁の間仕切りリフォームの価格相場:6万円~10万円

造作壁はパーテーションやカーテンよりも遮音性に優れ、自由に設計・デザインができるというメリットがあります。

LDKの一角にワークスペースを設ける場合、造作壁で間仕切りすれば、集中して作業ができる空間を確保することができます。

室内窓付きの造作壁で間仕切りしたワークスペース

室内窓付き造作壁の間仕切りリフォームの価格相場:30万円~35万円

室内窓とは、間仕切りの造作壁に取り付けられる窓のことです。

窓があることで採光性や風通しがよくなり、開放感が広がります。

さらに、窓からリビングを見ることができるため、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭におすすめです。

まとめ

ワークスペースの確保で重視すべきは、落ち着いて作業できる環境を整えることです。

在宅勤務用のワークスペースを設けず、既存のキッチンのテーブルやリビングのソファで仕事するのは意外と大変です。

独立したワークスペースや仕事部屋を設け、集中できる環境を作り上げましょう。

DIYでワークスペースの確保が難しい場合は、本記事でご紹介したリフォームの事例を参考に、実績豊富なリフォーム業者に相談をおすすめします。

リノベーション・リフォームでお困りの方は
monoclaをぜひご利用ください!

monoclaは、無料でプロを指名して、相談・資料請求・見積り・施工依頼ができるサービスです。いいね!や施工完了のお祝いポイントをギフト券に交換! ポイントを貯めながらリノベーション・リフォームのプロを見つけましょう。

カテゴリー:
関連タグ: